head_slim
HOME >内科

内科一般

準備中

むずむず脚症候群

レストレスレッグス症候群(Restless legs syndrome)とも呼ばれています。日本では人口の3-5%にみられ、およそ130万人の患者がいると予想されています。40-60歳の女性に多く見られ、夜間にふくらはぎがむずむずする不快を感じて寝付けない。足の膝から下がかゆくなったり、痛くなります。20-30分感覚で下肢の筋肉が周期的に痙攣する周期性四肢運動障害を伴うことも多い。

診断基準

1. 脚を動かしたいという強い欲求が不快な下肢の異常感覚に伴って、あるいは異常感覚が原因となって起こる

2. その異常感覚が、安静にして、静かに横になったり座ったりしている 状態で始まる、あるいは増悪する

3. その異常感覚は運動によって改善する

4. その異常感覚が、日中より夕方・夜間に増強する

上記の4項目すべてが当てはまる患者さんは、むずむず脚症候群)の可能性があります。

参考サイト

むずむず脚症候群・お役立ちサイト

お薬の内服で症状が良くなる方が多いです。上記症状でお悩みの方、お気軽にご相談ください。